離婚で確実に慰謝料を獲得するには

離婚するとなり、もしも相手に非がある場合には苦痛を受けた代償として慰謝料を受け取れるのが普通です。でも、相手が快く払ってくれるものとはとても言えないので、確実に慰謝料を取るには慰謝料弁護士を雇うなどそれなりの周到な準備が必要です。

離婚は珍しくない時代

現在は、離婚はそう珍しい時代ではありません。周囲を見渡してみても、離婚したという男女が結構いるのではないでしょうか。しかし、特に女性の場合は、結婚と同時に仕事を辞めている場合も多く、離婚するとなれば先の生活が成り立つかどうかも考えなくてはなりません。例えば、相手が浮気して我慢も限界となりついに離婚したいとなった場合でも、先々の生活を考えたら、離婚できなくなってしまう場合もあるのです。また、子供がいればその事情はさらに重くのしかかってくるものです。しかし、ここでしっかり相手から慰謝料を取ることができれば、生活のためにと我慢して結婚生活を続ける必要もなくなります。心機一転、新しい環境で人生をやり直すことができるのです。

まずは事実確認をしよう

相手が浮気している場合で、慰謝料を確実に取るためには、何はともあれ浮気の事実を明確にする必要があります。ただ自分の中で確実と思っているだけではいけません。慰謝料を取るには、裁判という正式な場で、それを証明できるだけの動かぬ証拠が必要になるのです。その証拠とは、例えばパートナーと浮気相手がホテルに一緒に入って出てくるところなどを、時刻入りの写真撮影などで取ることです。もちろん、二人の顔が識別できるよう、暗がりでもはっきりと写真にうつっている必要があるのは言うまでもありません。このような証拠は個人でも撮影できないことはありませんが、失敗する可能性も非常に高いといえます。何時間も待って二人を見つけても、証拠といえる画像が取れるのは簡単ではないのです。

探偵に依頼しよう

慰謝料を確実に取れる証拠を取りたいなら、慰謝料弁護士を雇う前に探偵事務所に依頼するのがおすすめです。探偵事務所では、基本的に2人体制で尾行をし、最新の撮影機材でチャンスを逃すことなくしっかりした証拠写真を撮ってくれるものです。2人体制であれば尾行に失敗する可能性も低くなり、機材の性能が良ければたった一度のシャッターチャンスでも逃すことがありません。先々の人生を新しいものとしたいなら、まずは探偵事務所に相談してみましょう。経験豊富なスタッフがきっと良いアドバイスをくれるはずです。離婚後の生活をも踏まえて、最良の選択を提示してくれることでしょう。もちろん、弁護士の先生も紹介してくれ、裁判に同行してくれる場合もあります。

ご依頼者様のご要望に合った様々なプランをご用意しております。 2016年11月17日:テレビ東京「それってタブーですか?」などのテレビ出演もしております。 お問合せ:0120-272-585(土曜・日曜も相談可能) 24時間受付可能となっております。 皆様が安心してご相談出来るよう、HPにて当事務所の弁護士プロフィールを掲載しております。 【オーセンス】の慰謝料弁護士が解決致します